Artist Statement

 

<身体より先に心が死んでしまう>ことがあるとき、そこにある深い孤独は、本当にその人だけのものだろうか。

そこに寄り添う誰かを想像できなくなったとき、あるいは単一の価値観に脅かされたとき、人はふいに深淵に落ちてしまうことがある。

しかし、たとえば関係性は他者によって規定されるのではなく、自分たちで運営していくものだと思うこと。あらゆる境界を更新可能なものとして扱ってみること。あらかじめ奪われている可能性について思考してみること。変えられない世界の中で変わっていくことの力を、何度も目にしてきた。

魂を揺らしながらも、自らの声を探ろうとする身体があるとき、私はそこに耳を傾けたい。囚われている重りをひとつずつ外していって、そこからまた自分で選択しようとするとき、まだ言葉にならない予感を照らすようなイメージを灯したい。社会によって一方的に線引きされてしまう私たちの輪郭のありかたを、皮膚と皮膚の境界を出発点としながら見つめ直したい。

そのようにして私たちの主体性が生き直していくための、まなざしの力を蓄える場としての視覚表現を探っている。

堀井ヒロツグ

<When the mind dies before the body> is the deep loneliness that exists really unique to that person?

When one can no longer imagine someone else to be there for him or her, or when one is threatened by a single value system, one may suddenly fall into an abyss.

 

For example, we need to think that relationships are not defined by others, but are managed by ourselves. To treat all boundaries as renewable. Think about the possibilities that have already been taken away. We have seen time and again the power of change in an unchangeable world.

 

When there is a body that is trying to find its own voice, even as it shakes its soul, I want to listen to it. I want to light an image that illuminates the unspoken premonition as it removes one by one the weights that hold it captive, and then tries to make its own choice again. I would like to reexamine the contours of our bodies, which are one-sidedly delineated by society, using the boundary between skin and skin as a starting point.

 

In this way, I am exploring visual expression as a place to store the power of the gaze so that our subjectivity can live again.

​Hirotsugu Horii