top of page

2023  "   Boundaries of our sex politics  / 皮膚の思考(遅い鏡)  "
​type-c print      

あるとき、自分とは異なるセクシュアリティーを持つ人と、特別な親密さを共有していくようになりました。 別々の性愛を指向する二人でしたが、しかしそこに”性愛”を代入しなければ この関係を育てていくことができるのかもしれないと話し合うようになりました。

 

私たちは時々、〈男らしさ・女らしさ〉のように、身体がまとってしまう意味に疲れては、この皮膚を脱いでしまいたくなることがあります。そして思うのです。もし目が見えなくなったとしたら。 あるいはもし魂だけになったら、何を手掛かりに、一体誰に、どのように好意を持つのでしょうか。

 

身体を持ちながら身体じゃない場所に接近していく方法がセックスなのだとしたら、 それが前提されていない私たちの間には、何か別の、全く違う目の持ち方が必要だったのです。

 

具体的な制作プロセスは、一分間という長時間露光のあいだにカメラの前に一人ずつ交互に存在し合い、 相手の残した痕跡や気配へと感覚を延長してみることをしています。長時間露光という方法をとることで、そこにいる時間、そしてそこにいない時間の両方が写ることや、そして暗い部屋の中や、暗い公園でしか行えないことが条件づけられる。ゆるやかな暗箱のような環境の中に自分たちがいて、目のきかないその暗がりで相手を想像すること。それは、今までにない意識の通わせ方でした。 そのことにより、”遅れて”見えてくるものがあるのです。

 

身体には、他者や制度から絶えず干渉を受けながら、その境界をかたちづくっている波打ち際があります。 このシリーズは、どこからともなく押し寄せてくる波とどう向き合っていくかを、 皮膚と皮膚の境界を出発点に思考していこうとする、ひとつのプラクティスです。

bottom of page