「すべて海へ還っていく、そしてまた降り注ぐ」によせて

 

近くにいる人を見つめながら、未来に降る雨のことを考えている。

彼らに出会ったとき、ふと訪れる沈黙の背後から「音」が聞こえた。

それはとてもか細くて、どこか神経質そうな音だった。

通奏低音のように鳴り続けるそのイメージは、今思えば何かのシグナルだったのかもしれない。

それらが発される彼らの身体の佇まいの奥には、ある種の澱みと、

底の方にかすかに光るきらめきのようなものがあって、

その沈黙の語りは、この時代を覆っているひとつの雰囲気の潮流を、

静かに翻訳しているような気がしてならなかった。

それから数年の間に、身近な人たちとの生死にまつわる出来事を共有するなかで、

私は人の心の営みがつくる目に見えない川や海を想像するようになった。

隔りながら隣り合っている私たちをゆるやかに繋げながら、遠くの海原へ通じていく水脈のことを。

私たちはその混沌の川に、堪えきれない程の欲望や透き通った祈りさえ流せる生き物である。

それは、私たちの想像力の余白を漂いながら、静かにこの世界を満たしている。

その像を視覚で捉えることは出来ないけれど、そこにじっと目を凝らすことは、

この時代を循環するものの眼差しを持つことと同じであるように思う。

自分たちの身体のありようと遠くの「何か」がどのように関わり合って繋がっているのか、

私はそのことに惹かれ続けている。

未来に降る雨は、この身体とひと繋がりにある。

  • Facebook - Grey Circle
  • Twitter - Grey Circle
  • Instagram - Grey Circle

© All rigths reserverd by Hirotsugu Horii.